日米交流
Japan-US Encounters Website
History of Japan-US Relations in the period of late 1700s and 1900s

 

サン・ブエナ・ベンチュラ号(サン・ブエナ・ベントゥーラ号とも)
(「Memorials of the Empire of Japon: in the XVI and XVII centuries」, edited, with notes, by Thomas Rundall. London: printed for The Hakluyt Society)

三浦按針ことウィリアム・アダムスは徳川家康の家来になったイギリス人であるが、アダムスが当時の日本から祖国・イギリスの知人に届くことを期待し、インドネシアのジャワ島西部にあるバンタム(筆者注:バンテンとも)の町に新しい拠点を造った、イギリスの東印度会社経由で出した何通かの手紙が保存されている。1609年には平戸にオランダ船が来て商館を建設しているが、当時まだジャワ島のバンタムの町を拠点にしていたオランダ船に依頼し、祖国に宛てた手紙を託したのだろう。そんな手紙の中に、自身の手により日本で建造した2艘の外洋航海ができる船についての記述がある(典拠:上記)。

♦ ウィリアム・アダムスが日本で建造した、80トンと120トンの船

この船の建造については、「1611年10月22日、日本にて、ウィリアム・アダムス」と結ぶ長い手紙の中に出て来る。いわく、

名前こそわからないがイギリス商人たちがジャワ島に来ているという事を聞いたので、この好機をとらえ、私のよく知らないこの会社の人々に私の無作法を許してもらえると期待し、私自身を励まし、次の様な内容を書き送りたい。私がこの手紙を書送る理由は、第一に私の祖国の人々と祖国とを愛する気持ちからである。・・・

筆者注:徳川家康に救助され保護されて以降)以前から折りに触れ時々皇帝(筆者注:徳川家康)から呼び出されていたが、この様にして4、5年が経った時、皇帝から声がかかった。今回は、皇帝のために1艘の小型の船を造れないかと言われた。私は、船大工でもないし、造船の知識もありませんと答えた。彼は、まー出来るだけやってみなさい。よしんば良い船が出来なくても問題はない、と言われた。この皇帝の命に従い、私は80トン程度の船を建造した。これは、全て我々のやり方で造ったが、彼は船に乗り込んで見て回り、大変気に入ってくれた。こんなことがあって私はますます皇帝に気に入られ、もっと頻繁に皇帝の前に出たが、時々プレゼントを貰い、そしてついには1年の俸禄として、およそ金貨70ダカット分に相当する、日々2ポンド(筆者注:約6合)の俸禄米を貰うようになった。・・・

ここで分ってもらいたいことは、最初に建造した船で私自身が乗り組み一、二回の航海を行ったが、国王(筆者注:徳川家康)がもう一艘の建造を命じたので、120トンの二艘目を造った。この船でロンドンからリザード(Lizarde、現在は Lizard と綴る)あるいはイギリスの島の端までに当たる距離がある、都(筆者注:大阪あるいは堺)から江戸まで航海をした。この船は、西暦1609年に国王がマニラの総督(筆者注:日本沿岸で遭難したドン・ロドリゴ・デ・ビベロ・イ・ベラスコ)に貸し与え、80人の従者と共にアカプルコまでの航海を行ったのである。1609年に、およそ1千トンのサン・フランシスコ号と呼ぶ大型船が、北緯35度50分にある日本の海岸に漂着した。天候上の危難にかかわり、船のメイン・マストを切り落とし、日本に針路を向け、何も見えない夜中に船は岸に乗り上げ難破してしまった。そして36人が溺れ死に、340人から350人が救助された。その中に、新スペイン(筆者注:現在のメキシコ)に戻る途中のマニラ総督が乗り組んでいたのだ。そしてこの総督は、1610年に私の造った大きい方の船でアカプルコに送られた。そして1611年にこの総督は、他の船に多大な贈り物と同時に皇帝の素晴らしい友誼への感謝のための使節筆者注:ここに戻るには、ブラウザーの戻りボタン使用)を乗り組ませ、更に皇帝から借りた大切な船に対する贈り物と対価の礼金を乗せ送り返した。この皇帝の船は今、スペイン人がフィリピンで使っている。

さて、この私の成し遂げた貢献と日々行っている皇帝の命に従う奉公に対し、皇帝は私に英国における貴族に似た領地と、私に奉公し付き従う八、九十人の農夫とを与えてくれた。ここでのこんな待遇、あるいは領主のような地位は、かって異国人に与えられた事はなかったものだ。こうして神は、私の悲惨な境遇の後に、私に与えて下されたのだ。そして神にのみ全ての尊敬と賞賛と、全能と賛美と、現在未来永劫、終焉なき世界があらんことを。

この手紙はまだ長く続くが、徳川家康の命に従い2艘の船を自ら建造した経緯と、自身が取り立てられ領地を与えられた事を述べている。

元のページに戻る


コメントは 筆者 までお願いします。
(このサイトの記述及びイメージの全てに著作権が適用されます。)
05/22/2018